ビジネス英語」カテゴリーアーカイブ

手始めに直訳はしないで…。

TOEIC等の英語能力テストは、決まった間隔で実施されるので、再三再四テストは受けられませんでしたが、いわゆるCASEC(キャセック)は、WEB上で時期を問わずテストが受けられるので、模試代わりの腕試しに適しているでしょう。
一般的に英会話では、聞き取りが可能だという事とスピーキング能力というものは、まったく特別な状況にだけ使えれば良いのではなく、いずれの話の展開を埋められるものであることが必須である。
普通、英会話の包括的な技術を付けるには、聞いて判別するということや英語のスピーキングの双方を訓練して、より有益な英会話のチカラをマスターすることが大事なのです。
手始めに直訳はしないで、欧米人の表現方法をコピーする。日本人の着想で何となしに英文を作らない。よく口にする言い方であれば、それだけ単語だけを英語として置き換えたのみでは、英語として成り立たない。
最近よく聞くロゼッタストーンは、日本語という母国語を用いずに、修得したい言葉のみの状態で、そのような言葉を吸収するという、ダイナミック・イマージョンという名の習得手段を導入しているのです。

最近人気のヒアリングマラソンというものは、ヒアリングに限ってではなく、話す方のシャドウイング方式や、ディクテーションメソッドなどの修得にも流用できるので、いろいろ取り合わせながら学んでいく事を提案します。
「必然的に英語を話す、外国へ行く」とか「ネイティブと友達になる」とか「台詞が英語の映画や、英語の歌詞の音楽やニュース番組を英語で聴く」といった様々なやり方が有名ですが、ともあれ基本の単語を目安となる2000個程諳んじるべきです。
英会話学習の場合の心積もりというより、会話を実際に行う場合の心の準備といえますが、へまを気に病むことなくどしどし話す、こうしたことが上手な英会話の極意だといえます。
知人のケースでは無料の英単語学習ソフトを駆使して、約2、3年程度の学習だけで、アメリカの大学院入試レベルのボキャブラリーを手に入れることが可能になったのです。
英語に慣れ親しんできたら、教科書に従って堅苦しく翻訳しようとしないで、情景に置き換えてとらえるように、修練してみて下さい。そのやり方に慣れれば、会話も読み物も、短くすることができるようになります。短くなります。

一般に英会話を学習するには、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア圏などのネイティブスピーカーや、英語自体を、通常スピーキングしている人と多く話すことです。
英語の試験勉強などの知的情報量を増やすだけでは、英語はあまり話せない、それらに代わって、英語のEQ(感情知能指数)を高める方が、英語を駆使するために、第一に欠かせないものだとということがベースになっている英会話教室があります。
英語の効果的な勉強法には、リピーティング方式、速読と速聴の2つが要求されるシャドウイング、聞いた文章をそのまま書き写すディクテーションなどの多種類の有益な学習法がありますが、経験の浅い段階で重要なのは、無条件に継続して聞くという方法です。
仕事の場面での初めての挨拶は、最初の印象に直結する大きなポイントなので、手抜かりなく英会話で挨拶する際のポイントをひとまず覚えましょう!
話題のニコニコ動画では、学習用の英語で会話をする動画は当然のこと、日本語でよく使う単語、しばしば利用する一言などを、英語でなんと言うかを取りまとめた映像がある。