英語勉強」タグアーカイブ

意味が不明な英文があるとしても…。

評判のラクラク英語マスター法が、どういった訳で一般的にTOEICに有利なのかというと、その答えは広く知られているTOEIC用の教材や、スクールにはない固有の視点があるからなのです。
リーディング学習と単語そのものの学習、双方の勉強を一度に済ませるようなどちらとも付かないことをしないで、単語の覚え込みと決めたらひたむきに単語だけ集中して暗記してしまうべきだ。
有名なピンズラー英会話とは、ポール・ピンズラーDr.が作り出した教育用メソッド、ふつう子どもが言語というものを覚える際のメカニズムを真似した、耳と口だけを使って英語を体得するという全く新しいレッスンといえます。
英語の勉強法には、繰り返し言うリピーティング、「速読速聴」のシャドウイング、聞いた内容を理解しつつ書いていく、ディクテーションなどの種々の学習方式が存在しますが、初級レベルに必需なのは、徹底的に聞くだけの方法です。
TOEICなどの英語能力テストで、高水準の得点を取ることを狙って英語学習している人と、自由に英語を話せるようにする目的で、英語指導を受けている人では、総じて英語を話すという能力にたしかな相違が見られがちです。

iPhoneなどの携帯や携帯情報端末の、英語ニュースを聞くことのできる携帯用パッケージを使うことで、耳が英語耳になるように鍛錬することが、英語に習熟するための手っ取り早い方法だと言える。
有名なロゼッタストーンでは、日本語に置き換えてから考えたり、単語とか文法そのものをただ暗記するのではなく、海外の地で住むように、意識することなく海外の言葉を我が物とします。
通常、コロケーションとは、いつも一緒に使われる単語同士の連なりのことを意味していて、ごくなめらかに英会話をするには、これを活用するための練習が、ことのほか大切なのです。
NHKラジオで流している英会話のプログラムは、どこでもパソコン等で視聴することができて、ラジオでの語学番組の中でもいつも人気上位であり、会費もタダで高品質な内容の教材は存在しません。
私の場合はある英単語学習ソフトを入手して、ざっと2年位の勉強をしたのみで、アメリカの大学院入試レベルの語彙力をものにすることが可能だった。

何を意味するかというと、文言が確実に耳でキャッチできる段階に至ると、表現そのものをまとめて脳裏にストックすることができるようになるということだ。
意味が不明な英文があるとしても、無料で使える翻訳サービスや辞書のようなサイトを見てみれば日本語翻訳可能なので、そういう所を使いながら覚えることをお薦めしています。
手始めに直訳はやめることにして、欧米人独特の表現を真似してしまう。日本語の発想方法で適当な文章に変換しない。よく使われる表現であればあるだけ、日本の言葉をそのまま置換しても、自然な英語にならない。
英会話のタイムトライアルをすることは、驚くほど有用なものです。中身はかなり易しいものですが、本番さながらに英会話することを想定して、間髪いれずに会話が成立するようにトレーニングをするのです。
たぶんこういう意味合いだったという言いまわし自体は、多少頭の中に残っていて、そんな言葉を重ねて聞く間に、その不確実さがゆるゆると明瞭なものに成り変わる。