TOEICスコアアップ」カテゴリーアーカイブ

飽きるくらい声にしての訓練を行います…。

アメリカの大手企業のお客様コールセンターの大半は、実はフィリピンに設置されているのですが、電話で話し中のアメリカのお客さんは、先方がフィリピンで電話を受けているとは気づきません。
いったいどうして日本人達は、英語での「Get up」や「Sit down」といった発音を、カタカナで「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音しているのでしょうか?こういう語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方が正しいのだ。
よく聞かれるコロケーションとは、自然に連なって使われる複数の単語のつながりの意味で、ごくなめらかに英語をしゃべるためには、これを活用するためのレッスンが、すごく大事なのです。
最近人気のニコニコ動画では、学業のための英語会話の動画以外にも、日本語の語句、日常的に使うことのある常套句などを、英語でどのように言うかを整理してまとめた動画が見られる。
飽きるくらい声にしての訓練を行います。このようなケースでは、言葉の抑揚やリズムに意識を集中させて聴き、そのまんま模倣するように発声することが最も大切です。

毎日の暗唱によって英語が、頭脳に保存されていくものなので、とても早口の英会話に対応するには、それを一定の分量重ねることでできるものだ。
ロープレをしたり会話をしたりなど、集団ならではの講座の良い点を活用して、先生とのやりとりに限らず、教室のみなさんとのお喋りからも、生の英語を学習できます。
人気の高いヒアリングマラソンというものは、英語教育スクールで非常に人気の高い講座で、ウェブを使うこともでき、システム的に英語の実習が可能な、極めて有効な英語教材の一つです。
ドンウィンスローの書いた書籍は、大変魅力的で、その残りも知りたくなるのです。勉強のようなおもむきではなくて、続きにそそられるから英語学習自体をずっと続けることができるのです。
ある英会話サービスは、最近評判となったフィリピンの英会話資源を特化させたプログラムで、どうしても英語を学習したいという大勢の日本人に、英会話を学ぶチャンスをかなり安く用意しているのです。

判然としない英文などがある場合、無料翻訳できるウェブページや辞書的なサイトを役立てることで日本語に翻訳できますので、それらのサイトを参照しながら自分のものにすることをみなさんにご提案します。
おすすめできるDVDによる英語練習教材は、英語のリスニングとスピーキングをUDA式の30音でトレーニングするものです。30個の音を言う場合の口の動き方が非常に易しく、実践で重宝する英語力そのものが確実に身に付けられます。
気に留めずに聞いているだけの単なる英語のシャワーだけでは、聞き取り能力は上がらないのです。リスニングの技量を向上させるなら、結局のところ十二分な音読と発音を繰り返すことが大切なことなのです。
平たく言うと、フレーズそのものがスムーズに聞き分けられる段階に至ると、言いまわしそのものをひとまとめにして意識上に蓄えられるようになるだろう。
ひとまず直訳は絶対にしない、欧米人独特の表現をそっくり盗む。日本語の思考法で適当な文章をひねり出さない。普通に使われる表現であればある程、日本語の語句を置き換えしただけでは、決して英語にはならない。