英語学校」カテゴリーアーカイブ

先達に近道(努力しないでという訳ではなくて)を教わることができるのなら…。

リーディングの訓練と単語の特訓、両者の勉強を一度に済ませるような微妙なことはせずに、単語の暗記なら本当に単語のみを一度に頭に入れてしまうのがよい。
英語の練習というものは、スポーツの実践練習と相通じるところがあり、自分で話す事ができるような内容に近いものを選んで、耳に入ったままに口にすることでひたむきに練習することが、特に大事なのです。
1000時間にたくさんの英語を聞くという英語学習方式は、ある語学学校のとても人気のある講座で、インターネットとも関連しており、予定を立てて英語を用いる実習が可能な、最も有用な英語教材なのです。
Skypeを使った英語学習は、通話に際しての料金がいらないために、非常に節約できる学習方法だといえます。通学時間も不要だし、気が向いたときに場所を問わず学ぶことが可能なのです。
万が一今このとき、ややこしい単語の暗記に苦悩しているとしたら、すぐそんなことは中断して、実際に英語を話す人間の話し方を聞いてみることをおすすめします。

なにゆえに日本語では、英語でしばしば使用される「Get up」や「Sit down」の発音を、2語を分離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」という風に発音する場合が多いのか?このような語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音するべきだ。
「他人からどう思われるかが気になるし、外国人と会話するだけで肩に力が入る」という、日本人が多く有する、このような「メンタルブロック」を取り外すだけで、一般的に英語は造作なく話せるものである。
英語能力テストであるTOEICは、周期的に実施されるので、しょっちゅうテストは受けられませんでしたが、英検が基礎開発した新しいCASEC(キャセック)と言うテストは、WEBを使って日常的に受けられる為、TOEIC受験勉強のお試しに役に立ちます。
何かの作業中にただ聞き続けるだけの単に英語シャワーに入るのみでは、リスニング能力はアップしない。リスニング効率を伸長させるには、帰するところは十二分な音読と発音の訓練を繰り返すことが肝心なのです。
いわゆる「30日間英語脳育成プログラム」は、耳に入った言葉を言い表して、度々繰り返し学びます。そのようにすることにより、聴き取り能力がものすごく躍進するのです。

昔から英会話の総体的な力をつけるために、NHKラジオ英会話というラジオ番組は、毎回ある題材を用意して対話劇で話す力が、その他に英語のニューストピックスや歌などのあらゆる素材により聞き分ける力が手に入るのです。
バーチャル英会話教室という場所は、アバターを使用するため、いったいどんな格好でいるのかや身だしなみ等に留意することは不要で、パソコンならではの気軽さで講習を受けることができるので、英語の勉強に焦点を合わせることができます。
先達に近道(努力しないでという訳ではなくて)を教わることができるのなら、短時間で、順調に英語の技量を引き伸ばすことができるはずです。
英語をシャワーのように浴びせられる場合には、油断なく凝縮して聴き、聴きとれなかった単語を幾度も口に出して読んでみて、次からはよく分かるようにすることが大変重要だ。
いわゆるスピーキングは、初期のレベルでは英語の会話で使われることの多い、基準となる口語文を規則的に練習することを繰り返し、記憶ではなく円滑に言葉として出てくるようにするのが極めて効果が高い。