英語学校」カテゴリーアーカイブ

いわゆる英語学習法には…。

英語を習得するためには、とりあえず「英文を解釈するための文法」(受験用の文法問題に解答するための詰め込み勉強と分けて考えています。)と「最小限の語句の知識」を暗記する意欲が大事になってくるのです。
しょっちゅう、幼児が言語を習得するように、英語を学習しましょうと言ったりしますが、幼児が卒なく話すことができるようになるのは、現実的には長い間言葉のシャワーを浴びてきたからなのです。
ある英語教室には、2歳から学習できる小児用のクラスがあって、年齢と学習レベルに合わせたクラスごとに授業をし、初めて英会話を勉強するお子さんでも落ち着いて学ぶことが可能です。
いわゆる英語学習法には、繰り返し言うリピーティング、耳と口が同時に要求されるシャドウイング、耳と手が同時に要求されるディクテーションなどの種々の学習法がありますが、初期段階で有益なのは、十二分に聞き続けるという方法です。
平たく言えば、表現そのものが日増しに認識できる段階に至ると、表現を一つのまとまりとして記憶上にストックすることができるようになるだろう。

英会話中に、知らない単語が現れることが、時折あります。そういう場合に実用的なのが、会話の推移からおそらく、こういうことだろうと想像することであります。
Youtubeのような動画サイトとか、無料のオンライン辞書とかSNSなどの利用により、国内にいながらたやすく英語まみれの状態ができるし、ずいぶん便利に英語トレーニングができる。
英会話シャワーを浴び続ける際には、油断なく一所懸命に聴き、よく聴こえなかった会話を何回も音読して、次の機会からは聴き取ることが大変重要だ。
なにゆえに日本人というものは、英語で使われる「Get up」や「Sit down」と言う際に、カタカナで「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」とくっきりと発音しているのでしょうか?これなら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発音する方が正しいのだ。
英語に手慣れてきたら、頭で考えて訳そうとせずに、イメージ変換するように、訓練してみましょう。会話も読書も共に、会話も読み物も、理解するスピードが圧倒的に短縮されるでしょう。

CMでもお馴染みの『スピードラーニング』の特に目立つ特徴は、音楽のようにただ聞き流すだけで英語というものが、英会話というものが、という一点にあり、英語を習得するには「特殊な英語の音」を聞き分け可能になることが一番のポイントだと言えます。ポイントなのです。
評判のロゼッタストーンでは、きちんと翻訳してから考えたり、単語とか文法を単純に覚えようとはせずに、外国の地で生活を営むように、いつのまにか英語を身につけます。
暗唱することにより英語が、頭脳に溜まっていくので、とても早い口調の英語というものに応じていくには、それをある程度の回数リピートして行けばできるものなのである。
最近話題の「30日間英語脳育成プログラム」は、聴覚に入ったことを会話してみて、度々復唱しておさらいします。そのようにすることにより、リスニングの機能がめきめきとグレードアップしていくのです。
ふつう英会話と言いつつも、簡単に英語による会話を可能にすることに限定するのではなく、ある程度英語のヒアリングや、発音のための学習という内容が内包されている。