英語上達」カテゴリーアーカイブ

自分の経験では英単語学習ソフトを駆使して…。

話すのは英語だけというレッスンというものは、単語を日本語から英語にしたり、単語を英語から日本語にしたりというような頭の中の翻訳処理を、きれいに排除することにより、英語で英語をそっくりそのまま把握する思考回路を脳に構築するのです。
とりあえず直訳はやめることにして、欧米流の表現を模倣する。日本語ならではの発想でなんとなく文章を作らないようにすること。手近な言い方であればある程、単語だけを英語に変換したとしても、英語とは程遠いものになります。
世間でよく言われるのは英語の勉強をする場合は、①とりあえず聞く回数を増やすこと、②意識そのものを日本語から英語に切り替える、③いったん理解したことを心に刻んで維持することが肝心だと思います。
英会話タイムトライアルにチャレンジすることは、大変実践的なものです。言い表し方は非常に初歩的ですが、リアルに英語で話すことを考えながら、間髪いれずに日常的な会話が成り立つように実践練習をするのです。
受講ポイントを明確化した実践型のトレーニングをすることで、異なる文化独特の風習やルールも一度に習得できて、他人と会話する能力をも身につけることができます。

スピーキング練習というものは、初期のレベルでは英会話においてよく使われる、標準となる口語文を体系的に呪文のように繰り返して、ただ記憶するのではなく勝手に口を突いて出てくるようにするのが最も効果的である。
結局のところ英会話において、リスニング(ヒアリング)できる事と会話できるという事は、ある特化した範囲にだけ用いることができれば良いわけではなく、全部の会話を補填できるものであることが最低限必要である。
自分の経験では英単語学習ソフトを駆使して、約2年程度の学習経験のみで、GRE(アメリカの大学院入試)のレベルの語彙力を獲得することが実現できたのです。
アメリカの大規模会社のお客様コールセンターの大多数は、実際はフィリピンに配置されているのですが、当の電話をかけているアメリカにいるお客さんは、相手方がフィリピンに存在しているとは考えもしないと思います。
英語で読んでいく訓練と単語の勉強、その両者の勉強を並行してやるようないい加減なことはせずに、単語を学習するなら単語オンリーをまとめて覚えてしまうのがよいだろう。

音楽のようにただ聞くだけの単に英語シャワーを受けるのみでは、聞き取る力は何も変わらず、リスニングの力量を上昇させるためには、結局のところひたすら音読と発語の訓練が肝心なのです。
人気のピンズラー英会話とは、ポール・ピンズラーDr.が研究開発した英会話プログラムであり、幼い子どもが言葉を理解するシステムを利用した聞いたことをすぐ口にするだけで英語が体得できるようになるという今までにない習得法なのです。
ふつう「子供自身が成功するかしないか」という事には、その子の親の役割が重いものですので、何ものにも代えがたいあなたの子どもへ、与えられる最善の英語の勉強法を与えるようにしたいものです。
とある英会話クラスでは、「単純な会話だったら話せるけど、本来の気持ちがスムーズに言い表せないことが多い」という、中級以上の実力を持つ方の英会話の心配事を解決できるような英会話講座だと言えます。
何かやりながら英語を聞き流す事そのものは大切ですが、1日20分程でも真剣に聞くようにし、話す練習やグラマーの勉強は、飽きるまで聞くことを実施してから行うべきです。